お知らせ&イベント情報

その他

新型コロナウイルス関連による主な労働相談(4/11~5/9)

2020/05/18

新型コロナウイルス関連による主な労働相談(4/11~5/9)

 

① コロナ関連に伴う契約解除と未払い賃金請求について相談がありました。

≪東京地評労働相談センターからの紹介≫

 

② 新宿区内にある派遣会社からデパートの有名店舗に派遣されていた女性労働者から、コロナウイルス感染によって派遣会社から仕事がなくなったということで3月末の契約切れを理由に辞めさせられたという相談がにありました。

 

③ 保育園関係の仕事をしている女性労働者から、休業手当と退職勧奨について相談がありました。相談者は新型コロナの関係で自宅待機となり、休業手当6割支給と言われているものの、毎日メールでの業務指示があり、この状況なら10割支給されてもいいのではないか。また、業務の減少にともない、人員削減を検討していることから「自己都合」退職を考えてくれと言われているそうです。≪東京労働相談センターからの紹介≫

 

④ 結婚式場の配膳係を務めた労働者が4月7日の安倍首相による緊急事態宣言の翌日失職したという相談がありました。年内の結婚式の予定がすべてキャンセルとなり、会館は休業。シフトが白紙になったという通知を最後に連絡が取れなくなったと言います。≪日本共産党新宿区議会議員からの紹介≫

 

⑤ 新宿区内にある派遣会社からデパートのアパレル店舗に派遣されていた労働者から契約が白紙になったと相談がありました。≪新宿一般HPより相談≫

 

⑥ 派遣元から中野の事業所に集金事務職として派遣されている労働者から、コロナ感染対応についての相談がありました。4月中に派遣されていた事業所では3密にならないようにテレワークや時差出勤などで間隔をあけて仕事ができたそうですが、5月からの職場はそのような配慮がなく、時間外労働も強制されているとのこと、出勤するにも不安があるとの内容でした。≪新宿一般労組HPより≫

 

⑦ 不動産会社に勤めているアルバイト社員から、コロナ感染で経営困難となっているため社長からアルバイト社員全員に辞めてもらいたい、と言われているとの相談がありました。