新宿一般労働組合とは?


職場に労働組合がなくても、正社員、パート、アルバイト、契約社員などすべての働く人が、ひとりで加入できる、新しい労働組合です。

新宿一般労働組合は、新宿区内に事務所を置き、主に新宿区内に住んでいる人、働いている人のため、活動しています。

管理職の方から入社1年目の方まで様々な働き方の相談を連日対応しています。働き方に関する相談ならば、あらゆる相談に対応できます。不当な人事考課からサービス残業、パワハラ・セクハラなどあらゆる相談について、個人での相談でも、職場みんなでの相談でも、対応しています。

また大手企業から中小零細企業、またどんな業種で働く方の相談にも対応できます。

労組にご相談されるメリットは、労働組合法に基づいた団体交渉権です。労働組合にのみ与えられた団体交渉権を、経営者は正当な理由なく拒否することはできません。どんな大きな会社でも、当労組の組合員になった時点で、経営者は交渉の申し入れを拒否できません。

「当事者の気持ちや要求を第一に、経営者と率直な話し合いを行って、なるべく裁判にしないで、早期に解決する」ことをモットーに、相談に対応しています。

全労連・新宿一般労働組合 執行委員長:保科博一
新宿区戸山3-15-1日本駐車ビル6階 tel&fax 03-5272-8460
2000年11月に結成。組合員数515名(2014年4月現在)

過去には、解雇撤回、配転撤回、組合結成、数千万円以上の残業代を支払わせたりなど、様々な相談に対応し、解決しています。

よくあるQ&A

新宿一般労組に相談する際、よく寄せられる質問にお答えします!

組合員は、どれくらいいますか?またどんな人たちがいるんでしょうか?
組合員は現在515名です。(2014年4月)
だれでも入れる個人加盟の労働組合のため、テレホンアポインターや俳優業、交通・運輸関係、医療関係、失業中など様々な職業で働いている方たちが入っています。雇用形態も派遣やパート、アルバイト、契約社員、正社員など様々です。
組合に入るとおいくらくらいお金がかかりますか?
職場に労働組合のない方や職場の労働組合に所属していない方は月額1500円です。
まだ会社と交渉するという気持ちではないのですが、相談だけしたいです。相談後、加入を検討してみてもいいでしょうか?
労働組合といままで関わり合いがなければ、なかなか加入する決意にはなりきれないと思います。
無料で相談を受け付けていますから、お気軽に来所ください。
ただ、みなさんの働く悩みを実際に解決するとなると、企業と交渉して解決をはからなければなりません。そうした時に労働組合に入ることによって発生する団体交渉権(労組法第6条)の活用が、労働相談を迅速に解決する最善の方法となります。ご加入するタイミングは、お任せしています。
団体交渉は初めてなのですが、大丈夫でしょうか。
組合交渉担当者が、必ず同席し、交渉をリードします。ご安心ください。当然ですが、ほとんどの組合員さんが、初めての経験です。ひとりひとりの組合員さんが、自分の思いや要求を社長にぶつけられるよう、頑張っていきたいと思います
逆に団体交渉のデメリットはなんでしょうか。
団体交渉は、当事者同士の率直な話し合いなので、経営者も決して神経質に構える必要があるわけではありません。しかし中には、必要以上に警戒される経営者もいらっしゃいます。また初めての交渉は緊張します。しかし交渉後、泣き寝入りしないことで自分の立場や人生に良い影響や後輩の待遇改善につながるなど、喜んでいる人が多数です。
ひとつひとつ相談内容も、経営者も違うため、一口にデメリットとして、お伝えするのは、難しいことですが、経営者に主張するのですから、当然緊張します。そんな苦しみをご一緒に乗り越えていけたらと当労組は考えています。また当労組担当者の判断で勝手に交渉を開始したりすることはありません。あくまで組合員さんの判断に、交渉開始を委ねているのも、当労組のモットーのひとつです。
具体的に何されたというわけではないのですが、相談したい。
厚労省の統計でも労働相談は、年間100万件を超えています。だれもが働き方に不安を感じる時代です。ぜひお気軽にご相談ください。
直接相談しに行ってもいいですか?
事務所に相談担当者が不在な場合があります。事前に電話またはメールでのご予約をお願いしています。
新宿区内・在住在勤ではないのですが、相談・加入はできますか?
当労組ご相談いただいてから、提携している組合を紹介します。
その他ご不明な点等がありましたら、随時ご相談ページにてご質問ください。